ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

テーマ2-1.

日本人学校での効果的な日本語教育
対象校:台北、台中、高雄日本人学校      研究期間:2017年度~2019年度

大連日本人学校における2019年度の取組みと成果

大連日本人学校における2019年度の取組みと成果についてご紹介します。

INDEX

1.目的と概要

2017年度より台湾の3つの日本人学校において、日本語能力育成の取組みを実施してきた。2019年度は、その成果を大連日本人学校において実践・検証するとともに、大連日本人学校に適したプログラム開発を行い、汎用化を図った。

2.取組みと成果

  1. 在籍学級での日本語指導の視点を取り入れた授業実践を行った。
    • 小学1・4・6年生の在籍学級における国語科で、視覚的な支援や表現支援を重視した日本語指導を取り入れた指導計画を作成した。
    • 中学1年生の在籍学級における総合的な学習で、バイカルチュラルの視点や対話を重視した日本語指導を導入した指導計画を作成した。
       
  2. マニラ日本人学校を会場に、Zoomシステムも活用して、日本人学校合同研究会を行った。
     

3.資料

こちらで紹介しています。

コメント