ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

テーマ1.

日本人学校で高度グローバル人材を

シンガポール日本人学校における2019年度の取組みと成果

シンガポール日本人学校における、2019年度の取組みと成果をご紹介いたします。

INDEX

1.目的と概要

2017年度から2年間に亘り、香港日本人学校小学部香港校に特設された「グローバルクラス」において、先進的プログラム(コース概要、カリキュラム、指導方法、評価方法、教員研修等)の開発を進めてきた。その成果をもとに、2019年度にシンガポール日本人学校(クレメンティ校およびチャンギ校)において、新しい探究型単元の開発を進めた。

2.取組み内容

  1. 校内研修会、研究授業の実施
     
  1. AG5運営指導委員および研究員によるシンガポール日本人学校訪問

<9月30日~10月1日>

校内研修会 講話

「AG5の取り組みについて」 植野 AG5運営指導委員
「東京学芸大学附属大泉小学校の取り組みについて」 細井 AG5研究員
 

  1. 担当教員の日本国内での研修の実施

<10月25日>(2名)

  1. 聖ヨゼフ学園小学校/開智望小学校 訪問

<2月1日>(3名)

  1. 東京学芸大学附属大泉小学校 訪問

3.成果

  • ESDを核にした探究学習の単元開発

クレメンティ校、チャンギ校の両校で、ESDを核に、IBの要素(セントラルアイディア、キーコンセプト)を取り入れた新たな「探究科基礎」の単元開発を行った。

4.資料

コメント